2015/08/29

【ドリスピ】夢幻 BOB-CAT

41
2015/8の『よろしくメカドック』コラボレーション第4弾「グランプリ編」が初登場の車。
原作では五十嵐充が東日本サーキットGPで乗った車。他の夢幻カーと同様メカドックオリジナルの車。けど童夢-零がモデルなのかなぁと。夢幻の車はコンピューターで~というのがお約束ですがコンピューターに頼りまくった車がこれ。ドライバーの五十嵐充は運転技術は無いがコンピュータ技術に優れ、ボブキャットに搭載された超音波センサとマイコンにより最速ラインを出してもらいそれをトレースするという走り方。しかしセラミックエンジンの熱によりマイコンが壊れててあ~あということに。いつもどっかが抜けてる気がする夢幻てね。そこからは五十嵐充が覚醒して・・・そんな車です。
五十嵐充って名前を聞くとどうしても元ELTの五十嵐充さんを思い出しますな。

ボブキャット
戦闘力
☆5=508 ☆5+=514 ☆5++=520 燃費530
☆6=548 ☆6+=554 ☆6++=560 燃費630

メカドック車の中では高い高速性能が特徴かな。他はまぁバランスよくかしら。夢幻の三台はペガサスがハンドリング、ワタナベSSが加速、でボブキャットが高速というような性格わけになったようです。
とボブキャットの場合一番の問題は燃費。530はさすがにちょっと悪すぎですな。戦闘力も高いわけでないですししかもニトロの配分が多い。そしてこの燃費ではう~んとしか言えないですね。けどイベントだと無課金組には貴重なポイント50%アップ車。イベント中だといろいろ悩ましいところです。ロケスタは幅は広いが低回転よりで連打系だとちょっとやりづらいタイプ。

49
11
25
05
48
前からみると童夢-零やカウンタックみたいに見えるんですが横からや後ろからがなんかすごいことに。カラーリングのせいもあるのか新幹線に見えてしょうがない。この車のキモともいえるモニター類がしっかりと中に。
ちなみにお尻が真四角ですがハイエースほどじゃないがドリフトタイミングはすこし取りづらいです。
2015/8
ドリスピ(ブログ内)車種一覧へ

コメント

非公開コメント